BLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな要望がありますか?

  • 「とにかく安く、けど素人以上のクオリティを」
  • 「時間がないので短納期でできるところにお願いしたい」
  • 「今後も付き合っていけるような信頼できる業者がいい」
  • 「急な撮影でも対応してくれるところと長く付き合いたい」
  • 「せっかくプロに頼むのなら、クオリティにはこだわりたい」

予算はいくらですか?

自分がどのくらい撮影にお金を使えるか明確にしておきましょう。

実績を見る

「これまでの撮影実績を見させてもらいましょう」
ホームページ上に実績を載せていない場合があります。(盗用防止のため)
打ち合わせ時でもよいのでできるだけ、カタログ等見本を見せてもらうようにしましょう。
その業者がどれだけのレベルの写真を撮影しているかは、大切な判断基準になります。

チェック項目

  • 問合せ先の相手は、直接撮影・編集を行う業者か? (代理店や窓口ではないか?)
  • 作品見本の有無
  • 撮影の範囲(例 店舗外観、内観、受付、作業風景、・・・ 等)
  • 撮影カメラマンの人数と服装
  • 交通費・駐車費等 撮影費以外にかかる費用
  • 納期 (撮影後1週間?1か月?)
  • 支払い方法 
  • キャンセル料はいくらか(リンク)

撮影料金の種類について

カット数単価

■物撮りを希望する人が利用することが多い
■ネットショップ関連のカット数(商品数)が膨大な業界で利用されることは少ない。
■スタジオ撮影業者に多い料金形態

時間単位制

■「商品数がどの程度あるかわからない」「商品数が比較的多い」場合に利用されやすい
■物撮りを含む、多種多様な物の撮影に向いている。 例:料理の写真+スタッフ写真+店舗内装・外装
■撮影時間が延長した場合、30分または1時間区切りで追加料金がかかる事が多い
■出張撮影業者に多い料金形態

撮影業者の種類

スタジオ撮影業者

■スタジオまでの交通費(ガソリン代)・待ち時間が発生
■商品を送って撮ってもらう場合、発送料金・返送料金が発生
■カット数単位で料金設定しているところが多い

出張撮影業者

■カメラマンの出張交通費が発生する場合がある。
■大量に物がある場合や、移動できない物等スタジオ撮影に不向きなものを撮ってほしい場合に利用
■スタジオ撮影より料金が安い傾向がある。

撮影業者を選ぶ際は、自分が撮りたいものと撮影にかけてもいい予算を明確化し、スタジオ撮影が良いか出張撮影が良いか判断することが、
満足いく写真と出会えることに繋がります。

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。